代表挨拶

代表からのご挨拶

はじめまして。一般社団法人子どもフードバンクKFB代表砂川和美です。
私は5歳の頃、両親が離婚し、実家に戻った私達を母の兄弟5人、おじさんおばさんお爺さんおばあちゃんの家族全員で育ててもらいました。
それはそれは、みんなで、とってもかわいがってくれたんです^^
沢山の愛情をもらって、今の私があるんだと、いつも、感謝でいっぱいです。
なので、今度は私が、小さな子供たちに、すこしでも、笑顔になってくれたらと同じ志を持つ、仲間を集め、子供フードバンクは、立ちあがりました。
沖縄は「チャンプルー文化」どんな人種・関係なく、出会えば、もう兄弟さ~「いちゃりばちょーでー」の心を繋いでいけたら・・素敵だと思いませんか?
子供の貧困沖縄県が全国1位、学校給食だけにたよる子供が年々増え、夏休み明け痩せている子供たち!
そんな新聞記事を目にし、地域ボランティア子供会活動5年の実績と経験から、子供フードバンクを立ち上げました。
子どもフードバンクは、子供と直接現場で関わる働き、実際 子供社会で起きている子供たちの貧困の悩みに、手が届く働きを目的とするプロジェクトです。
1日1食 給食のみ、長期休みどうなってるの・・?食事をとどけるために、圧倒的な、資金不足の問題を抱えております。
だからといって、何もしなければ、始まらない・・・だから立ちあげます!

小さな会社ですが、ココからスタートします。

誰かがスタートしたら、きっと、協力者は現れると信じます。

小さな手に、笑顔と食事を一緒に、手渡したいのです。
皆様の物心両面での支援を、心よりお願い申し上げます。
心動かれた方、お電話待っています。